通勤・通学用ビギナー向けタイヤ-CONTINENTAL ULTRA SPORT

2014/02/23

昨年夏ごろからタイヤの消耗が気になり、交換用のタイヤを買っておいたけど、秋から冬にかけて、繁忙期であるバレンタイン時期の準備でなかなか交換できず・・・。繁忙期であるバレンタインシーズンも一段落したので、自転車のメンテナンスと合わせてタイヤ交換しました。

私の年間走行距離

私は、ほぼ通勤のみで年間走行距離が約2000km程度のため、耐久性を重視したタイヤを選んでいます。

2011年:2,505km
2012年:2,312km
2013年:2,062km (※Endomondo の記録より)

前回、交換したタイヤはMICHELIN LITHION 2でしたが、今回は違うタイヤにしてみました。

CONTINENTAL ULTRA SPORT(コンチネンタル ウルトラ スポーツ)

スポーツライドやトレーニングに最適なオールダウンドタイヤ。ビギナー向けバイクセミナー「お金をかけないアップグレードの業、タイヤ交換」でも中級クラスのタイヤとして紹介されてます。

パンクもしづらく長寿命という評判も高く、通勤・通学用にはもってこいですね。現在は「ウルトラ スポーツ2」も発売されているようです。

CONTINENTAL ULTRA SPORTとMICHELIN LITHION 2を比較

初めて買ったロードバイク(GIANT DEFY3)の純正タイヤからMICHELIN LITHION 2に交換して、今回新たにCONTINENTAL ULTRA SPORTに変えた印象を素人的に表現してみると(笑)

  • MICHELIN LITHION 2 → 軽快!爽快感あり!(220g)
  • CONTINENTAL ULTRA SPORT → ガッシリ!安心感あり!(240g)

という感じを受けました。

LITHION2ULTRA SPORTは同じサイズ(700×23c)ですが、それぞれのタイヤで走行してみると、LITHION2は約1cm幅の部分にしかドロがついてないのに対し、ULTRA SPORTは約1.8~2cmほど路面と接している痕跡があります。乗り心地の違いは接地面積の微妙な違いが関係しているのかもしれません。ULTRA SPORTは車体を傾けて曲がるときはもちろん、走行中の安心感がLITHION2と比べて増したかもしれません。あと、CONTINENTAL社製のタイヤラインナップを見ても、ULTRA SPORTはエントリークラスのタイヤで「通勤に適している」との表示されています。

まさに、ほぼ毎日通勤だけの私に最適なタイヤかも(笑)

だんだん暖かくなってきたし、新しいタイヤでガシガシ通勤するぞ~www