コスパ抜群でカラーが豊富のロードバイクタイヤ「MICHELIN LITHION」

2012/08/25

今年の夏はなかなか連休が取れず、泊まりでの遠出サイクリングはできないかとあきらめております。その代わり、ほぼ毎日猛暑日を自転車通勤しているためか、タイヤが磨り減り、タイヤ側面のヒビ割れも目立ってきました。タイヤが摩耗したり劣化するとパンクしやすくなるので、タイヤを交換しました。

GIANT純正タイヤ元々のタイヤは黒一色でしたが、私のロードバイク本体の「赤×黒」カラーに合わせ、赤いタイヤを探してみました。

エントリーグレードタイヤ「MICHELIN LITHION」

今回、数あるロードバイク向けタイヤの中でもリーズナブルでカラーバリエーションが豊富な「MICHELIN LITHION 2」を選びました。ミシュランのタイヤの中でも、通勤・通学など日常的に使うレベルのエントリーグレードのタイヤです。

従来品と比べ10グラムの軽量化と25%ものグリップ力向上を実現した新世代のミドルグレードタイヤ。回転抵抗とグリップの優れたバランスはLITHIONから受け継ぎルックスをPRO3風にアレンジ。スポーツツーリングに最適なタイヤです。

(楽天市場:商品説明より)

ロードバイク本体に合わせ、赤(レッド)のタイヤを選択。タイヤを変えるとロードバイク全体の印象が大きく変わりますね。

R1014368.jpg

700×25Cから700×23Cに交換した感想

元々ついていたタイヤは「700×25C」サイズと、ロードバイクでよく使われるタイヤは700×23Cに比べて太いタイヤでした。

「700×23C」のタイヤに変えて乗ってみると、路面との接地面積が少ないためか、乗り心地が軽快に感じられるようになりました。漕ぎだしが軽く、より快適にペダリングできるように感じましたが、雨天時、もしくは路面が濡れているときは「700×25C」の方が安心感がありましたね。

タイヤの横幅は、安定か軽快か、どちらを優先するかで選んだらよさそうですね。

MICHELIN LITHION」はカラーバリエーションが豊富で、なおかつ財布に優しい価格帯なので、通勤・通学で使用する分には十分なタイヤです。

CONTINENTALのタイヤもオススメ

MICHELIN LITHIONも週5日通勤で1~2年程度使用していると、さすがに摩耗・消耗しましたね。他のメーカーから販売されているエントリーグレードのタイヤも使ってみたので、ぜひこちらもご覧ください。

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。