11月20日は「世界子どもの日」

2005/11/20

11月20日は『世界子どもの日(Universal Children’s Day)』です。1954年に子どもたちの世界的な友愛と相互理解を促し、子どもたちの福祉を増進させる日とすることを目指して国際連合が定めた国際デーです。(英語:Universal Children’s Day、フランス語:Journée internationale des droits de l’enfant)

ガーナ・カカオ生産地の子どもたち

1954年の国連総会にて11月20日が「世界のこどもの日」に制定され、国際連合のすべての加盟国に、こどもの日を制定することを勧告しました。

どの日を「世界子どもの日」にするかは各国政府の判断に委ねられています。一般的には「子どもの権利条約」が採択された11月20日とするのが一般的ですが、日本は「こどもの日」である5月5日を「世界子どもの日」としています。

これは、1954年に「世界子どもの日」の制定が勧告されるよりも前に、1948年に「こどもの日」を5月5日と制定していたためです。

他の国際デー