「ロンドンオリンピックでフェアトレードが採用」のまとめ

連日、ロンドンオリンピックに関するニュースや話題で賑わってますね♪
今回のオリンピックでは、参加選手の活躍はもちろん、
大会のコンセプトにもぜひ注目してもらいたいです♪

ロンドンオリンピックと持続可能性

ロンドン五輪の基本コンセプトに、
「持続可能性」が掲げられていることをご存知ですか?

「持続可能性(sustainability)」とは、
経済や社会、特に環境やエネルギーなどの人間活動が
将来にわたって持続できるかどうかを表す概念のこと。

夏季オリンピックで「持続可能性」を最初から計画に盛りこんだのは、
今回のロンドン五輪が初めてだそうです。
ロンドン2012と持続可能性-駐日英国大使館
その持続可能性を実現するため、2012年2月に発表された報告書
「Sustainability Guidelines-corporate and public events (Third Edition)」には、
ロンドン五輪の関連イベントを企画する企業に向けた10個のアドバイスがまとめられています。
その中に『フェアトレード』の項目が含まれています。
ロンドン五輪理想への道

ロンドンオリンピック・パラリンピックでフェアトレード認証製品の採用決定

ロンドンオリンピック・パラリンピック組織委員会(LOCOG: The London Organising Committee of the Olympic Games and Paralympic Games)は、2012年に開催されるロンドンオリンピック・パラリンピックで、約40か所におけるゲーム開催地において、フェアトレード認証のバナナ、茶、コーヒー、チョコレレート製品を提供する事を決定しました。

ロンドンオリンピック・パラリンピックでフェアトレード認証製品の採用決定!
フェアトレードは、2012年ロンドンオリンピックとパラリンピックへと向かう

オリンピックにもフェアトレード|カワイイ!|ウーマンエキサイトブログ

オリンピックにもフェアトレード|カワイイ!|ウーマンエキサイトブログ

Take Action: Tell Olympic Caterers to Source Fairtrade

世界最大のフェアトレードシティとも言われているロンドンで開催される
オリンピックに向け、「Fairtrade London Campaign」も立ち上がっているようです。
Take Action: Tell Olympic Caterers to Source Fairtrade
>> Fairtrade London Campaign(Facebookページ)

ロンドン五輪では「フェアトレード」にもぜひご注目

スポーツの祭典であるオリンピック。
もちろん、参加選手の活躍が一番の見所ですが、
全世界の注目が集まる一大イベントでもあります。
そこにこめられたメッセージも、
気づいて、読み取っていかなければいけませんね。
※ロンドン五輪を取材に行く日本のメディア、キャスターたちが
 こういう情報をニュースとして取り上げてくれることを願って♪

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。