※サービス終了「Endomondo」サイクリング記録をFacebookへ投稿できるアプリ

2011/07/17

※Endomondoは2020年12月31日にサービスが終了しました。
データは後続サービスの「Map My Run」に移行できます。

ロードバイクでのサイクリング

スマートフォンが普及し、ランニングやサイクリングで自分がどれだけ走ったのかをアプリで手軽に記録できるようになりました。私もロードバイクにスマートフォン用防水バイクスタンドを付けて、日々の通勤・ツーリング記録をAndroidアプリ「Endomondo」で記録しています。

est01.jpg
※2011年当時のアプリアイコンと画面

ss-480-0-12.jpg

走行記録をチェックできるAndroidアプリ

スマートフォンのGPS機能を利用して、装甲距離や時間、平均スピード、消費カロリーなどを計測してくれるAndroidアプリです。走行したルートもマップ表示してくれます。サイクリングはもちろん、ランニング、ウォーキング、その他のスポーツ(ゴルフやスケート、スノボ)など、アクティビティ別に記録することができます。

Endomondo Sports Tracker
「サイクリング」で記録した内容
  • 1km(または1マイル)ごとに音声でラップタイム読み上げ
  • 走行終了後、記録をFacebookに自動投稿が可能(投稿は自動・手動を選択可能)
  • 信号待ちで一時停止すると自動停止する「Auto Pause」機能あり
  • ナビ機能はないが、Googleマップを同時起動して併用も可能

走行中、常にスマートフォンをのぞき込むことは危険なので、必ず停車時に操作や画面チェックするようにしています。Androidは複数のアプリを同時に使用させることができるので、記録用のEndomondoとルートナビ用のGoogleマップを同時に起動させておくこともできます。もちろん電力消費が激しいので、ロングライド時はお気を付けください。

記録したデータはウェブサイトで確認可能

Androidアプリで記録したデータはEndomondoのウェブサイトで確認することができます。

Endomondo Sports Tracker

計測・記録した各種項目は、ウェブサイトの「Total Training Overview」で一覧でみることができます。

Endomondo Sports Tracker

※「Trips around the world(地球何周分走った)」とか「Calories Burgers burned(カロリー消費量をバーガーで例える)」といった項目もあり、見ていて面白いです。

これらの機能が無料で使えるのだからとってもお得ですね♪

バージョンアップで機能充実

2013年7月追記:バージョンアップを重ね、さまざまな機能が追加され使いやすくなりました。日本語対応をはじめ、走行記録の公開範囲も選択できるようになりました。無料版を使用していると、ときどき有料版へのアップグレードを促す広告が出てきます。

Under Armourが買収

2015年2月追記:2015年2月4日、Under ArmourがEndomondoを買収したと発表しました。

サービス終了と後継アプリ

2020年12月追記:2020年12月31日にサービスが終了されることが発表されました。Endomondoのデータは後継アプリ「Map My Run」に移行することができます。

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。