僕には帰れるところがあるんだ。

あれ?おっかしいな・・・
ピーク時は一日数百個単位で発送していた「てんとう虫チョコ」。
バレンタインデーを過ぎて注文もひと段落して、
ようやく普段の日常に戻ったんですが・・・・。
2週続けて日付が変わってからの帰宅・・・・。
帰宅できるだけまだマシか(笑)
家という、形のある帰れる場所もさることながら、
お世話になった人やありふれた日常、ともに歩んだあの頃に、
帰れるってことも、大事だよね。
まだまだ、思い出にするには早すぎるけど、
大学を卒業してから早2年。
実は今年、うちの学部が創部10周年を迎えます。
それを記念して、第一期卒業生から第六期、
もちろん在学生や教員もまじえて、11月に記念パーティーをやろうと企画が立ち上がっています。
その第一回の集まりに呼んでいただきました。
久々の面子は懐かしくもあり、企画の話を聞くとワクワクを感じずにはいられない。
学生時代、「個人をつなげる」という活動に取り組んできたが、
後輩たちに形として残せなかった。
今は暗礁に乗り上げ頓挫しているハコを見ると、いたたまれない。
だからこそ、今度はやり遂げたい。
すべて拓殖大学国際開発学部卒業生に通達!
「ニイタカヤマ・・・」
じゃなかった・・・

11月21日、創立10周年記念パーティーをやるので、
予定空けといて、東京に集結してください!!

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。