女性社会に飛び込む

なぜか、国際協力NGO(特に人権に関する団体)は女性が多いんです。
スタッフも女性が多いし、ボランティアの人も、女性が多い。
(「なぜNGOは女性が多いのか?」っというテーマで論文書けるかも・・・)
とあるNGOの事務局長の男性の方が以前、
差別と言われようが、次に採用する人は男!
っと、言っていたそうです。なんか、気持ちがわかる・・・。
割合が9:1では・・・。しんどいかも。
うちの事務所にはデジカメが一台あります。
イベントの際に、使用するんですが・・・。
明らかに男が使うという前提がなかったとしか考えられない・・・・。
ショッキングピンクのデジカメ
ショッキングピンクーのボディーに、お花がついたフワフワケース・・・。
「ハイ!笑って笑って〜♪ハイ、チーズ」
笑顔が引きつるだろうが。
女性社会に飛び込むって、大変だ〜。

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。