iPodと児童労働

Pocket

元ILO労働者活動担当上級専門家で、
現在は夏の参議院選挙の全国比例予定候補者の「石橋みちひろ」さんが
ウェブサイトでACEが配信した翻訳記事を紹介してくださいました!

iPodと児童労働 | 活動レポート | 石橋 みちひろ  つながって、ささえあう社会へ。

アップルが発表した「サプライヤーに関する年次報告書(Annual Supplier Responsibility Report)」によると、iPodやiPhoneを製造している3つの工場で、当該国の法律が定めた就業の最低年齢(=16歳)に満たない15歳の子どもが11人、働いていたことが見つかったということです。

「マックユーザー」である石橋さんも注目のニュースのようです。
ACEの日本語訳は、メールマガジン用に省いている部分もありますが、
元ネタの記事もご覧になって、重要なポイントをもう1つあげていただいています。

それは、「サプライヤーの製造工場における労働環境チェックをしているのは、アップル社だけだ」と現地のサプライヤーが発言している、という点です。つまり、中国で同種の製品を生産している他のブランド(米国籍に限らない)は、児童労働のチェックや、労働コンプライアンスのチェックを行っていないのではないか、という疑問が投げかけられているわけです。
私は、少なくともスポーツ衣料やシューズの分野では、アディダス社やナイキ社など、コンプライアンスに非常に力を入れて努力している多国籍企業を知っています(特にナイキは過去に痛い目にあったので・・・)。だからこの記事が言及するのは、コンピューター・ハードウェアー系の企業における話なのではないかと思いますが、それにしてもこの話が本当だとすると、由々しき事態ですね。

自身のブランドの生産工場の労働環境をチェックする体制を整えている企業が少ないことを示唆しているわけですね。
「おたくの会社、ちゃんと生産現場の労働環境まで目が行き届いてますか?」ってこと。
言うは易し、行うは難し。
買う側も「これ安いな!」っという視点だけでなく、
作る側の環境も、意識できるといいですね。

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?