節電ポスターでACE事務所も節電中

2011/03/31

東日本大震災が発生してから、20日が経過しました。

一時期の混乱も収束しはじめ、「わたしたちにできること」がテレビでも注目されはじめていますね。

Twitterやネット、ブログなどを通じて、震災直後から、考え、呼びかけ、情報を発信している方たちが、いま取り上げられ始めています。

防災のWiki・OLIVEサイト

3月31日(木)の「あさイチ」で紹介されていました。被災地での生活に役立つデザインやアイデアを集めたデータベースサイトです。

WS0079.JPGみんながアイデアを寄せ合い、後から写真やイラストが追加されていく、Wikiの特性を最大限に活かしたGood アイデアですね!

サイトの存在は、Twitterで見かけたことがあったけど、さらにこのアイデアを「壁新聞」や「ポケットファイル形式」にまとめて、支援物資といっしょに、被災地へ届けるアクションが行われているそうです!!

「防災分野のwikipedia」とも言えるサイトに寄せられた防災情報は、ハンドブックとして書籍化もされたようです。

節電ポスター

防災やアウトドア、サバイバルについての知識なんて、そんなに知らないし・・・。なにかできることないかな・・・と思っていたときに発見したサイトです!

節電ポスター日々、クリエイティブな仕事をされるデザイナーの方々が制作した節電を呼び掛けるポスターです。早速、職場でも上司の許可を得て、事務所の入り口に「節電ポスター」を掲示してみました。

DSCN5756.JPG

3階にある事務所の玄関、昼間はそんなに暗くないし、すぐ横から階段の灯りが差し込むので、節電のため消灯。お客さんや宅配業者さんを驚かせないため、節電ポスターを貼ってみました。

あと、個人的に「こういうのもいいな」と思った画像はコレ!

WS0081.JPG

元画像は、衛星から撮影した写真で、夜間の灯りでどの地域が電力消費が多いかを表したもの。この画像では、日本列島の灯りが消えていますね。

「ブログ書く電力も節電しろ!」っと言われそうですが、誰かがこれらの活動を知って、一緒にアクションしてくれたら、うれしいです。

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。