VAIO Tap11の持ち運びに最適 マザーハウス オリジナルPCケース「CC-MH/CS/11」

Pocket

デジカメ、ビデオカメラ、スマホ、ヘッドホン、ワイヤレススピーカー、そしてノートPCと、最近、SONY製品比率が高まっているメッスィ~です。今回は最近購入したSONY製品の「VAIO Tap11」と、マザーハウス オリジナルPCケース「CC-MH/CS/11」をご紹介します。

α6000でフラッシュをバウンスさせて撮ってみました

VAIO Tap11の使用感

広報という仕事柄、画像や動画編集、印刷物の作成、ウェブサイトの更新作業をすることが多いため、普段は大きいディスプレイのデスクトップを使っています。ですが、出張や出前授業に行く機会も増えてきたので、持ち運びに便利で、少人数の会議やミーティングでタブレット的に使えるパソコンを探していたところ「VAIO Tap11」を見つけました。

SONY製のカメラやビデオで撮影した写真や動画を整理したり、出張時にホテルや新幹線でメールやウェブサイトをチェックしたり、出前授業でPowerPointを使ってプレゼンしたり、映像を見せたり、多用途に使わせてもらってます。

そんな「VAIO Tap11」を購入してから約5ヶ月。USBカバー部分が開いているのに気づかず、カバンに出し入れしたら・・・USBカバーの根本部分が壊れてしまいました・・・

SONY VAIO Tap11のカバーが壊れてしまいました

このままでは色んな意味で”しまり”が悪いので、瞬間接着剤で修復。一応直りましたが、VAIO Tap11のカバー部位はちょっと細くて頼りないですね。

私が購入したVAIO Tap11、実はあまり調子がよくありません。キーボードで入力すると最初の一文字目が認識されなかったり、内側のカメラが使えなくなったり、購入してから1ヶ月で液晶パネルタッチが反応しなくなり、修理センターのお世話になりました・・・。故障も多く、タブレットとキーボードが分割されている構造なので、デリケートに扱うよう意識しています。

ただ、キーボードと本体が分かれていると、使い方に自由度が出てきますね。本体をプロジェクターとつないでおいて、キーボードだけ持って、離れた場所からも操作できます。

11インチPCの持ち運び用にオリジナルPCケースを購入

VAIO Tap11は非常に軽くてスリムなので、持ち運びは簡単です。ですが、直接カバンへ入れて、出し入れの際にカバーを壊してしまったのと、ACアダプターなど付属品と合わせて持ち運びたくなったので、PCケースを探すことにしました。ですが、11インチのPCケースって意外と少ないんですね。ヨドバシカメラで安価で、12インチまで入る少し大きめのPCケースを買ったのですが、普段使っているビジネスバッグに入れるとはみ出してしまいました(汗)

もっと良いのはないかと探してみたら、VAIO Tap11用のPCケースがあるじゃないですか。しかも、ソニーストアと吉田カバンマザーハウスとのコラボ商品です。残念ながら「吉田カバン オリジナルPCケース」は品切れだったので「マザーハウス 2レイヤースリムケース」を購入しました。

 

マザーハウスとは?

発展途上国でアパレル製品や雑貨の企画・生産・品質指導を行った製品を販売をしている会社です。山口絵理子さんが2006年に「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という決意で設立され、社会的企業としてテレビでも取り上げられたことのあるブランドです。

マザーハウスの本店で「マザーハウス 2レイヤースリムケース」のレッドを購入しました。

「マザーハウス×ソニーストア 共同開発 オリジナルPCケース

マザーハウス×ソニーストア 共同開発 オリジナルPCケースは、VAIO Tap11がピッタリ収まる大きさです。

マザーハウス 2 レイヤー スリム PC ケース(11インチ)

PCケースの外側には、マザーハウスとソニーストアとのコラボ記念ロゴ入り。

マザーハウス×ソニーストア 共同開発 オリジナルPCケース

2層式になっており、ACアダプター(電源コード)やデジタイザーペンを収納できるポケットもあります。

マザーハウス×ソニーストア 共同開発 オリジナルPCケース

VAIO Tap11とACアダプターを収納した状態でもそれほど厚みもなく、持ち手を倒せば「バッグインバッグ」として使えます。

黒のバッグは小さめで少し窮屈な感じがします

以前、マザーハウスで購入した「ザダン ビジネス」にはスッポリ入りました。中に入れてもスペースに余裕があり、横には500mlのペットボトルも入ります。

バッグインバッグとして使えます

「キャメルのバッグなら、ネイビーでも合いますよ」とショップの人からお勧めしてもらいましたが、PCケースは普段持ち運び慣れていないので、置き忘れ防止用に目立つレッドにしました(笑)

キャメル色のバッグとレッドのPCバッグを組み合わせてみました

マザーハウスオリジナルPCケースはここまで開くことができます

PCケース・バッグを買うと、ノートPCを持ち出すのが楽しくなりますね♪

 

Pocket

 
About 召田 安宏 763 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?