「振らなきゃ当らない」

2005/12/16

パンチ佐藤です。

今日は長谷工グループの「マンション事業研究セミナー」に参加しました。会場は東京国際フォーラムです。でかいです・・・。


 長谷工グル−プのオープンセミナーに「パンチ佐藤」氏が来て、講演してくださいました。セミナーに応募したのはパンチ氏が来るからという理由だったのはおいといて・・・。やはり、おもしろい。

 独特の語り口調に、つぼを押さえたトーク。ほとんどマンション業界と関係ないじゃん、っというトーク内容はご愛嬌。やはりしゃべりがうまい。

 楽しい話ばかりではなく、ためになる話もたくさんしていただいた。その中に、これは名言!と思える一言があった。

 「振らなきゃ当らない」

 野球をやったことある人なら一度は言われたはずのこの言葉。バットを振らなきゃ、どんなにすごいバッターでもヒットを打つことなんてできない。見逃し三振より、空振り三振をすることで問題点・改善点が見えてくるという野球において基本中の基本である。

 その言葉、人生においても基本中の基本である。パンチ氏曰く最近の若者は「振らない」らしい。振っても結果が見えているからなのかもしれないが、振らずにただ待っているだけ。“恋”だってそうだ。振らなきゃ相手に気持ちは伝わらない。

 妙に納得してしまった自分が少し恥ずかしくなった。「振らなきゃ当らない」。確かにボクは振ることを恐れている。いや、失敗を恐れているんだ。失敗した結果ばかりを想像してしまう。だから、怖くて振れないんだ。

 よし!がんばるぞ!っと心に決め、東京・丸の内の夜景を楽しみながら帰ることにした。すると突然、東京駅まえで呼び止められた。

「あのぉ〜。今、企業の新人研修の一環でそこらへんの人と名刺交換をしてこいと言われ、名刺交換をお願いしているのです〜」

 っと、おぃ!振ってもいねぇのに当ったよ!あいにく名刺の持ち合わせもなく、就活生だということでお互いがんばってください、と一言掛け合って別れた。

 そんなに初々しくなかったのかな・・・。まぁ、確かにベージュのロングコート、裏地はチェック柄にふけ顔短髪・・・。老けて見えたかな・・・。

 パンチさん、振らなくても当りましたよ!ってちゃうやん!あぁぁ、名刺もらっておけばよかった!企業人の名刺をもらえるチャンスだったのに!!