「国際理解教育ひろば」で出張講演

Pocket

初!TXつくばエクスプレスで、「つくば」まで行ってきました。
朝、九時半の講演開始に間に合うように五時半起床。(´-ω-`)コックリコックリ
思った以上に、秋葉原からつくばって、近いんですね!
1時間で着いた!
国際理解教育ひろば」という、
2000年から行われている参加型学習、国際理解教育、開発教育をテーマにした
青年海外協力隊茨城県OV会が主催されているイベントでワークショップをさせていただきました。
詳細案内⇒Think globally Act locally 国際理解教育ひろば
早めに会場に到着し、準備をしていると、
なんか見たことある顔が・・・・。
大学同期のT(ニックネームは、Y)が!! (´゚Д゚`)ッ!!
(※超、自然な挨拶をされたので、認識するのに時間がかかった・・・)
ビックリしたな〜もぉ〜。
他にも、ACEをいつも支えてくださっている茨城在住ボランティアのHさんや、
てんとう虫チョコを買ってくださった高校の先生と生徒さんなど、
いろんな方にご参加いただきました。
ありがとうございます!!♪☆(人゚∀゚*)♪
午前中の3時間を使ってのワークショップでしたが、
それでも時間が足りないと、食堂に場所を移して二次会(笑)
約半数の参加者に残っていただき、
双方向の学びがあった、とても充実した催しになったと思います。
ちなみに、本当は事務局長のお供で参加しただけですが(笑)、
インターネット上で「講師」デビューしてました。v(-∀-)v♪
※学校向けの講師派遣は何度もありますが、一般向けは初めて。

召田 安宏 (特活)ACE 啓発・広報担当
ACEとの出会いは大学1年、ACEが主催したイベントのボランティアスタッフとして参加したのがきっかけ。チョコレートを通じて世界とのつながりを知り、児童労働をなくすための行動を起こすきっかけづくりを目的にしたワークショップ教材「おいしいチョコレートの真実」の開発に携わる。

冒頭、こんな風に紹介されて
「大学1年のときに出会い〜、スタッフになった。」という部分に興味を持って、
食堂で、学生さんが声をかけてくださっいました。
今、大学二年生だけど、まだ自分の方向性が定まっていないとか。
(学生時代、自分も同じようなことを考えていたな〜)
自分も回り道したけど、出会いがあったり。
同期のT(Y)さんのように、一般企業に就職して、勉強したり、
イベントに参加したりして、こういう道に進出したい人は本当にたくさんいる。
※出世して、えらくなって、会社を変えたい!っとか言ってたねww
自分も現状に満足しないで、
もちょっと、魅力的なプロフィール書けるように、頑張ろう♪
そんな風に思った一日でした。

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?