直帰率

ひさびさに早く帰れると思ったら、
豪雨・落雷のため電車が遅延・・・。
蒸し暑い車内にすし詰め状態・・・。
ついてないなぁ〜。
そんな日は、ちょっと寄り道してコンビニでスパークリングホップww
個人的な観測ですが、
ボクの直帰率は80%ぐらいです。
(意外!?それとも妥当!?)
そんなことはおいといて・・・。
ウェブサイトの「直帰率」って、ご存知ですか?
みなさん、お仕事やプライベートで色々なサイトを見ると思いますが、
「Google」や「Yahoo!」などの検索エンジンを使って、ページを探すと思います。
そこで、タイトルを見て
『これだ!』
っと思ってみたら、たいしたことなかった・・・。
即効、「戻る」ボタンクリック。
ってこと、よくありませんか?
この行為がウェブサイトの「直帰」です。
「直帰率」は、ページを見に来た人で、
1ページだけみて速攻帰ってしまう人の割合のことです。
アクセス数は多いのに、「直帰率」の高いサイトは、
他の見て欲しいコンテンツがほとんど見られていない、っということになります。
ちなみに、ボクの作っている某サイトの直帰率、70%。
一般的な企業では、直帰率40%を目安に、対策をとるそうです。
意外と、やばい・・・・? マイホームページ。

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。