ロードバイクにスマホを装着「TOPEAK スマートフォン ドライバッグ」

2011/07/10

たまたま通りかかった秋葉原の自転車屋で『防水スマートフォン用バイクスタンド』を発見し、衝動買いしちゃいました(笑)。

サイクルパーツブランド「TOPEAK(トピーク) 」

TOPEAK(トピーク)は、空気入れ用のポンプやロードバイクなどに取り付けられるバッグやバスケット、スタンドなど、さまざまなサイクルパーツを開発しているブランドです。

ロードバイクのボトルケージは、たいてい専用のボトルを装着するよう特化したデザインになっていますが、TOPEAKは自転車用ボトルだけでなく、500mlペットボトルにも対応できる可変式のボトルゲージ「モジュラー ケージ II」を販売するなど、さまざまシーンに活用できるアイテムが多いですね。

ロードバイクにスマホを装着してみたら快適でした

TOPEAKの『防水スマートフォン用バイクスタンド』を早速、愛車のGIANT DEFY3に装着してみたら、こんな感じになりました♪

TOPEAK(トピーク) スマートフォン ドライバッグ
※画面はWinampアプリで音楽を再生しているところです。

スマホは、ケースつけたままだと入りませんでした。ケースをつけたままだと入らない機種もあります。また、購入したケースは「iPhone専用」だったため、画面右上が隠れたり、Androidではよく使う本体下部も隠れてしまいます。

ですが、ステム部分に取り付けると、しっかりケースを取り付けることができました。しかも、ケースは完全密閉できるので、多少の雨でもスマホが濡れる心配はありません。

このケースでスマホを装着すれば「Endomondo」などのアプリで走行距離を記録しやすくなります。もちろんスマホの操作は安全な場所で停車した状態が鉄則です。