Explzh-Macからもらった圧縮ファイルをWindowsで解凍するなら

Pocket

広報という仕事柄、
デザイナーの方とファイルのやり取りする機会が多くあります。
基本的にデザイナーの方は「Mac」で、
ZIPファイルに圧縮して、「Windows」を使っているわたしに送ってくださいます。
ファイル名に日本語が含まれている場合、
これを解凍すると文字化けしてしまうのが、悩みの種でした。
どうやら
Windowsは「シフトJIS」、
Mac OS Xは「Unicode(ユニコード)」と、
異なる文字コードを使っているから文字化けがおきるそうです。
「なにか対策はないのか?」
っと、調べて見たら、ありました!
出典「WindowsでMacから受取ったZIPファイルを解凍すると文字化けする…
Windowsで使えるUnicode対応の解凍ソフト、「Explzh」。
エクスプローラ風のインターフェースが特徴の解凍ソフト。
(個人での非商用利用のみ無料。商用、法人利用は1,050円)
Macで圧縮されたファイルをこのソフトで開いてみたら、
今まで文字化けしていたファイルが、ちゃんと日本語のファイル名で解凍できました!
圧縮ファイルは、解凍しないと中身が分かりませんが、
解凍しなくても、中身を確認できるところも気に入っています。
※圧縮ファイルをダブルクリックすると、
↓のようなエクスプローラー風の画面が表示されます。

091213-3.jpg

いままで、圧縮解凍にはLhaplusを使っていましたが、
この機会に、Explzhへ乗り換えてみようと思います。
しかし、それでも完璧ではないらしく、
多少文字化けすることもあるそうです。
ファイル名はなるべく日本語は使わず、
半角英数字が良い、っということですね。
ダウンロードはこちらから ⇒ 「窓の杜 – Explzh

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?