ミレニアム開発目標を考えてみよう

2015年までに、貧困の半減を目指して、
世界が約束した目標があります。
それがMDGs(ミレニアム開発目標)です。
2000年9月、国連ミレニアムサミットに集まった147の国家元首を含む189の加盟国が、全会一致で「ミレニアム宣言」を採択しました。
そのミレニアム開発目標(MDGs)について紹介するサイトが、
UNDP(国連開発計画)」と「動く→動かす」によって立ち上げられました。

ミレニアム開発目標

8つのゴールを詳しく、写真入りで解説。
国連労働機関(ILO)国連人口基金(UNFPA)国連児童基金(UNICEF)など、
国際機関が監修に協力。
今年はサッカー・ワールドカップが開催されるなど、
注目が集まっているアフリカ。
ぜひ、MDGsの観点からも、注目してもらいたいです。
MDGsについては、「MISIA Africa Benefit Live Yokohama」もご参照ください。

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。