ホームセンターで部品を買って「募金箱」を作ってみた

2008/11/03

休みを利用して、ホームセンターで木材や部品を買って「募金箱」を作ってみました。

ホームセンターで部品を調達し木材をカット

小学生の図工の授業で培った(?)知識と経験をフル動員して、事前に設計図を書き、近所のホームセンターでもっとも安価な板状の集成材を買ってきました。

買ってきた板をノコギリで切断し、紙ヤスリで形を整えた状態がこちら。

板状の木材から募金箱のパーツを切り出しました

木材を釘とボンドで組み立て

切り出した木材の角を紙やすり(ペーパー)で整え、釘とボンドで組み立てのがこちら。

釘とボンドで組み立てたのがこちら

募金箱に必要な鍵をつけて

募金箱として使用するので、中身(お金)が取り出せないよう、鍵をかけられるようギミックを追加しました。ヒンジを2種類400円と、南京錠50円。木材が200円だったので、本体より鍵の方が高くついてしまった(笑)

上の部分を開けることで中の募金を取り出すことができます

最後に、ニスを縫って完成です。材料費はそれほどかからず、作ることができました。寸法をメモした紙を無くしてしまい、正確なサイズをお伝えできませんが、手作り募金箱の参考になれば幸いです。

参考書籍

今回、D.I.Yに取り組むにあたり、参考にした書籍はこちら。ものづくりで大切な「準備」や「段取り」の重要性について学ぶことができました。

募金箱について(関連記事)

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。