卒業、しました。

2007年、3月23日。
拓殖大学105期生一同、無事に卒業しました。
いろんな事があった大学生活。
多くの友人・恩師と出会えました。
松山から一時帰宅していた10日間。
今までお世話になった人や仲間たちとの別れの時間にしました。
少し、意識がモウロウとしています…(呑み過ぎ)


夢のような大学生活でした。
出会い
ボクの大学生活を象徴する言葉でした。
国際開発学部、
 オリキャンからの仲間たち、
  凍ゆる仲間たち、
   文化局連合会、
    国際協力問題研究会、
     事務室・主事室のみなさん。
DEAR-YOUTH、
 開発教育協会、
  国際開発教育センター、
   ファシリコース+サマースクールのみなさん。
Free The Children Japan、
 CAST、ACE、
  夏キャンプ参加者、
   クリスマスパーティー参加者。
ここに書ききれないほどの「出会い」があった…。
そんな「出会い」に、ただ「ありがとう」と言いたい。
これからは、まったく異質の「出会い」が待っている。
「地震・雷・火事・親父(オカン)」に匹敵する試練が待っているだろう。
その試練に一人で耐えられるか?
 途中で投げ出し、挫折しないか?
大丈夫。
この10日間、いろんなモノをもらったが、
 何よりも大きく、すべての人からもらったモノがある。
またね
再会の約束。その言葉を胸に秘め、ガンバロウ。
 次に会うとき、でっかくなった自分を見せれるよう、ガンバロウ。
本当に、ありがとうございました。そして、行って来ます(笑)

この記事を書いた人
メッスィ~/召田 安宏

1984年生まれ。長野県に多い苗字だけど東京都出身。学生の頃にNGOと出会い、NGOの広報担当を10年以上経験。ボランティアや国際協力に関する話題、広報の仕事に役立つサービスやフリーソフトを調べるのが好き。詳しいプロフィールはこちらをご覧ください。