プロフィール:召田安宏

2016/10/09

国際協力入門サイト「国際協力”はじめの一歩”」について

「遠い国」のように感じる海外の出来事は、
実は日本に住むわたしたちにとってとても身近なものなんです。

でも「国際協力」とは言うけれど『何をすればいいの?』という方に
国際協力を少しでも身近に感じてもらうため、情報を発信しているサイトです。

国際協力って他人事?

なぜ世界の問題がわたしたちにとって身近ななのか、問題を解決のために何が必要なのか、
そして、わたしたち一人ひとりに何ができるのかを紹介してまいります。

このサイトをご覧になったあなたが、国際協力への“はじめの一歩”を踏み出していただけると嬉しいです。

サイト&ブログ管理人について

召田安宏(Photo by Yoshifumi Kawabata)はじめまして「国際協力”はじめの一歩”」管理人の召田安宏(メスダヤスヒロ)です。※友人や同僚、妻からも「メッスィ~」と呼ばれています。

  • 1984年 名古屋生まれ、東京で育つ。
    (苗字は“長野県”に多い)
  • こう見えて“元高校球児”
  • 妻一人、子一人
  • 甘いものが苦手、お酒大好き

昔々、ある位の高い方(一説による皇室にゆかりのある方)がお越しになった際、その風景を“お気に召すた”そうで「召田(メスダ)」という地名がつき、その地に住む人々が名乗ったことが始まりだそうな。(諸説あり)

大学卒業後、企業に就職した後、2008年に特定非営利活動法人ACEに入職。2016年より公益社団法人シャンティに入職。ACE時代から現在のシャンティでも、国際協力NGOの広報スタッフとして働いています。

誰かの大きな一歩より、みんなの小さな一歩を。 

小学生の頃、社会科の教科書で「青年海外協力隊」を知り、在ペルー日本大使公邸占拠事件やアメリカ同時多発テロ事件のニュースを見て、国際的な問題に興味を持つようになりました。拓殖大学 国際開発学部(当時)に進学、友人に誘われ参加したイベントでNGOと出会い、ボランティアとして参加。大学でODA(政府開発援助)などの開発学を学びながら、開発教育や児童労働、アドボカシー(政策提言)について取り組んできました。

わたしのモットー、およびサイトの方針は「誰かの大きな一歩より、みんなの小さな一歩を」です。

世界の貧困問題のような大きな問題は、だれか一人だけががんばって解決できるものではない。小さくとも多くの人が一歩を踏み出す必要があると感じています。

 

ブログでは、趣味のサイクリングやD.I.Y、カメラ、ウェブサイトやパソコンなどの日記をはじめ、国際協力には縁がなかった人にも身近に感じてもらえるようなネタを発信してまいります。「誰もが気軽に国際協力へ参加できる社会」を目指して、みなさんのお役に立てれば幸いです。どうぞよろしくお願いします♪ 

個人年表(バイオグラフィ)

1984年12月 愛知県名古屋で生を受け、生まれつきの「先天性心室中隔欠損症」と診断される。
小学校低学年 一番好きな授業は社会科。偶然、教科書で青年海外協力隊を知り、海外での活動に興味を抱く。
小学校高学年 風邪をこじらせ肺炎で入院。ウィルスにも感染したため、心臓の手術もあわせて実施。五ヶ月間の入院生活で日本の医療制度の充実を痛感。
2001年9月 高校2年まで野球部に所属。練習をサボっているとき、テレビで「9.11アメリカ同時多発テロ事件」を目撃。どんなに素晴らしい建造物を建てることよりも、守る術を学びたいと強く思う。
2003年4月 拓殖大学 国際開発学部(現 国際学部)へ進学
2003年10月 国際協力フェスティバル(現 グローバルフェスタ)でNGOを知る
2004年2月 DEAR-YOUTHフリー・ザ・チルドレン・ジャパンACEにボランティア参加
2004年3月 短期研修でフィリピン・マニラに一ヶ月渡航
2005年6月 財団法人 国際協力推進協会(APIC)でインターン
2006年4月 国際開発教育ファシリテーターコースを受講
2007年4月 大学卒業後、教育関連会社に入社。訪問販売営業として松山支社へ配属。10月に退社。
2007年12月 学生時代の経験を買われ、「若くて、従順で、こき使える」三拍子そろったオトコとして、ACE初の男性スタッフとなる。
2008年1月 ACEの啓発・広報スタッフとして教材「おいしいチョコレートの真実」の開発にたずさわる。以降、年間数十回以上、出張ワークショップを実施。
2008年4月~ JICA地球ひろば「組織力アップ!NGO人材育成研修」参加、および修了
2009年8月 ACEスタディツアー インドで子どもに会って考える旅にスタッフとして同行
2009年10月~ JANIC「国際協力NGO次世代リーダー研修」参加
2009年11月 拓殖大学 国際開発学部 同窓会(通称:kutir)の立ち上げに参加
2010年7月 窓からスカイツリーが見える部屋に引っ越して、毎日自転車で通勤。
2011年5月 宮城県山元町災害ボランティアセンターの運営補助に入る
2012年1月 ガーナへ渡航
2016年4月 特定非営利活動法人ACEを退職。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会に入職。

Posted by 召田 安宏