Q1. NGOとNPOの違いは?

A.団体としては同じ。海外で活動する団体をNGO、国内活動が主な団体をNPOと呼びます。

NGOは「Non-Governmental Organization」の略で、「非政府組織」と訳され、
NPOは「Non-Profit Organization」の略で、「非営利組織」と訳されます。

NGOは、もともと国際連合が国際会議に出席する政府以外の民間団体のことを指す言葉でした。広義では、営利団体(企業など)と政治団体(政党など)を除いた民間の非営利団体 (経営者団体、宗教団体、消費者団体、女性団体、労働組合、協同組合など)が含まれています。

日本では、1998年12月に「特定非営利活動促進法」が施行され、法人格を取得した団体のことを主にNPO、一般的に「NPO法人」と呼ばれています。「特定非営利活動法人」や「(特活)」という肩書きがついている団体のことです。

『特定非営利活動法人という表記がないとNPOではないの?』っと思われるかもしれませんが、国際協力NGOの中には社団や財団といった公益法人も含まれますし、法人格を持たない任地団体として優れた活動を続けている団体もたくさんあります。

一般的に、海外での支援活動を行っている団体をNGO
介護や環境保全、地域に根ざした日本国内で活動をしている団体がNPOと呼ばれています。


ブログランキング参加中♪ 応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ