チョコレート会社のオーナーはカカオ農家!?フェアトレードチョコレートならDivine(ディバイン)

2019/02/10

毎年、バレンタインシーズンになると各メーカーや製菓店から多種多様なチョコレート製品が売り出され、近年は日本だけでなく中国をはじめとしたアジア各国でも需要が高まっているチョコレート。

自然食品を扱うようなお店だけでなく、ネットショップやスーパーマーケットでもフェアトレードチョコレートを目にする機会も増えています。公正な取引を行い、生産者の暮らしを守る「フェアトレード」の取り組みですが、チョコレート会社とカカオ農家、双方が豊かになれるようユニークな取り組みがあります。

ディバインチョコレート(Divine Chocolate)
イギリス発のチョコレートブランドDivine(ディバイン)

株主はカカオ農家!? イギリスのフェアトレードチョコレート会社「Divine(ディバイン)」

イギリスのフェアトレードチョコレート会社「Divine(ディバイン)社」は、株式の44%をカカオ農民が所有し、会社の利益が直接カカオ農家へ還元される仕組みになっています。

カカオ農家の利益につながる会社の仕組み

通常フェアトレードは、カカオなどの原材料を作る「生産者」と、原料を加工して製品にして販売する「製造/販売者」が異なることが一般的です。しかし、ディバイン社の場合、生産者が会社の経営に加わることで、株主である農民たちが利益の用途を決められる点がメリットです。

チョコレートを販売して得た利益が、カカオ生産地域を支え、人々の生活環境を改善させ、貧困から抜け出し、さらに質の良いカカオ生産へとつながっていきます。

SDGsの目標達成に向けた取り組み

このディバインのチョコレート、パッケージ紙の裏側に製品とディバインの取り組みに関する解説が印刷されています。フェアトレードだけでなく、女性のエンパワーメントなどに関する取り組みを行っていることが紹介されています。

持続可能な開発目標(SDGs)」の目標5「ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る」のマークも掲載され、持続可能な社会へ向けて取り組んでいる姿勢が表れていますね。

SDGsの目標5「ジェンダーの平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る」について解説あり
パッケージの裏側には「女性のエンパワーメント」やSDGsについて記載されています

ディバインのチョコレートには、児童労働や環境破壊などがないよう生産されているガーナのカカオ生産者の組合「クアパ・ココ(Kuapa Kokoo)」のカカオが使われています。

ディバイン社は、2015年のイギリス・ガーディアン紙「サステーナブル・ビジネス・アワード」に表彰されたほか、イギリスで「最も好きなフェアトレード商品」に選ばれるなど、その理念と功績が認められ、数々の賞を取得しています。

アフリカの「シンボル」を生かした秀逸なデザイン

ディバインチョコレートのもう一つの特徴は、パッケージデザインです。特に目を引くのは小さな「アディンクラ」というシンボルマークです。

ディバインチョコレート(Divine Chocolate)
パッケージで目を引く「アディンクラ」

アディンクラ(Adinkra)とは、ガーナやトーゴなどの西アフリカで受け継がれているシンボルマークです。アディンクラは「格言」や「信念」を表し、西アフリカの布・壁・陶器などでよく見られます。決められた型の紋様で、喪服にも用いられるため、日本の「紋(家紋)」に似ていますね。

※余談ですが、私はNHK Eテレ「デザインあ」の「もん」のコーナーが大好きです。

アディンクラは昔からある伝統的なシンボルマークですが、まったく古臭さは感じさせません。

また、パッケージ右下の「国際フェアトレード認証ラベル」も黒が背景の商品パッケージに見事に融合していますね。(※ラベルは通常、黒の背景に水色と黄緑のマークで、色や形を加工することは禁止されていますが、モノクロ版のみ使用が許されています。)

プレゼントする人だけでなく、作る人への愛がつまったチョコレート

フェアトレードチョコレートは、保存料や乳化剤などを使用していないため、気温が高くなる季節は販売しない製品がほとんどです。ディバインのチョコレートも正規輸入販売店である一般社団わかちあいプロジェクトが輸入し、秋から冬にかけて販売されます。

ディバインのチョコレートは「楽天市場」でも注文が可能です。

他にも、シャンティ国際ボランティア会のフェアトレードブランド「クラフトエイド」でも注文を受け付けています。

バレンタインのプレゼントはもちろん、自分用やホワイトデーのお返しに、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか?