国際人権NGOが提供するスパイウェア対策ソフト「DETEKT」

Pocket

 

スマホのニュースアプリ「Vingow」で「国際人権NGOのアムネスティ、スパイウェア対策アプリを提供」というニュースを発見しました。コンピュータをスキャンして既知の監視スパイウェアを検索する無料のオープンソースソフトウェア「Detekt」をアムネスティが提供を開始したと紹介されています。

Amnesty Internationalが米国時間11月20日、ドイツのDigitale Gesellschaft、米国の電子フロンティア財団(EFF)、英国のPrivacy Internationalと提携し、政府による傍受を検出する「Detekt」アプリをリリースした。Detektは、コンピュータをスキャンして既知の監視スパイウェアを検索する無料のオープンソースソフトウェアで、ドイツ人のセキュリティ研究者Claudio Guarnieri氏が開発した。(引用:国際人権NGOのアムネスティ、スパイウェア対策アプリを提供–政府からの監視を検出 – ZDNet Japan:)

アムネスティ(Amnesty)は、1961年に発足した世界最大の国際人権NGOです。アムネスティによると、ジャーナリストや活動家の活動を監視するため、各国政府がスパイウェアを使って私的なメールを読み、コンピュータのカメラやマイクを起動して、活動を秘密裏に記録している可能性があると言います。政府からの監視スパイウェアを検索するためのソフトを開発し、公開したというわけです。

政府がスパイウェアを使ってるなんて、なんだか気味の悪い話ですが、誰かに監視されるようなスパイウェアが入っていたらイヤですよね。各国政府からマークされるようなことはそうそうできないし、そんなヒマすらありませんが(笑)、試しにスパイウェア対策アプリ「DETEKT」をインストールしてみました。 

「DETEKT」の使用手順

自分のパソコンに「DETEKT」をインストールするのは簡単です。※説明はすべて英語ですが、手順はとてもわかりやすいです。

1.「DETEKT」のインストールファイルをダウンロード

まずは「DETEKT」のウェブページにアクセスして、ウェブサイト最下部の「Download Detekt」をクリックします。クリックすると「GitHub」というサイトが開くので、「detekt.exe」をクリックしてファイルをダウンロードしてください。

「DETEKT」ダウンロード画面

2.ダウンロードしたインストールファイルをダブルクリック

次は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば、インストール作業が始まります。

ダウンロードした「DETEKT」のインストーラーをダブルクリックを

3.使用すぐ言語を選択

あとは表示されるインストール手順にしたがって、ソフトをインストールしていくだけです。無事にインストールができたら「DETEKT」で使う言語を選択して、スキャンを実行するだけです。ここで、使用言語の選択画面が出てきますが、残念ながら日本語はありません。(日本での使用を想定されて作られていないのかもしれませんね)

「DETEKT」を使用する言語を選択します

4.スキャンの実行

ソフトのインストールが完了したら、あとはスキャンするだけです。スキャン結果が画面に表示されます。

DETEKTでスパイウェアをスキャン

以下の画面が表示されるので「Scan now!」をクリック。

国際人権NGOアムネスティなど提供のスパイウェア対策アプリ「DETEKET」10

※画面上部に「WARNING!」と表示されてますが、スパイウェアはインターネット接続時にリアルタイムで監視していることがあるため、「インターネット接続は切断(=オフラインに)すること」を推奨してくれています。

スキャンはコンピューターの性能に応じて、数十秒程度でかかるようです。ちなみに、Administrator(管理者権限)でログインしないとスキャンできません。

「DETEKT」でスキャンしてみた結果

スキャンが完了すると、スキャン結果を発表してくれます。スパイウェアが検出された場合は「DANGER!」と表示され、スパイウェアの存在が確認できなかった場合は「Looks good」と表示されるようです。幸いなことに、私のPCではスパイウェアは確認されませんでした~(^ω^)

ですが、「DETEKT」が大丈夫と診断しても安心するな!っと書いてあります。必ずしもパソコンがクリーンであることを保障するわけではないので、必要なら専門家に問い合わせてくださいということです。

DETEKT」は監視用スパイウェアのターゲットにされている人権活動家やジャーナリスト、NGO団体向けに制作されたツールですが、誰でも無料で使用できます。過剰に意識しぎるのもよくありませんが、こういうソフトがリリースされる意味を考え、セキュリティやプライバシーについて、考える機会を持つことが大切ですね。

「DETEKT」に関する関連サイト

  
Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?