【迷惑ソフト注意】Babylon,RegClean Pro,Advanced System Protector,ADL UNCOMPRESSOR

Pocket

どんなに気をつけていても、スキを見つけて潜り込んでくるのが迷惑ソフトです。
ある日、週2日勤務しているインターンが使っている共用パソコンの調子が悪いと、インターンの子が訴えました。

パソコンの調子が悪かったり、古くなってきたら、新しいモノに買い換えるのが手っ取り早いのですが、社会課題の解決を目指して活動し限られた資金で活動しているNPO/NGOにとっては難しいことです。家電量販店で、現金でポ~ンっと買えればいいんですが、パソコンを一台増やすだけでも一苦労です。そんな中、非営利団体(NPO/NGO)を支援してくれる企業や中間支援組織などが、リユースパソコンを無料や格安で提供してくださることがあります。

中には、スタッフが使ってた私物パソコンをリカバリーして使っていたりします。不調のパソコンはどれかと見てみると、冷却ファンが大音量と評判のシャープ メビウスノート PC-CS50Kではありませんか(笑) 昔、私が学生時代に使っていた元私物です。

不安や恐怖をあおる「迷惑ソフト」の罠

私は、広報担当としてウェブサイトや広報物づくりなどを担当しているので、スタッフの中ではパソコンに詳しい方なので、パソコントラブルのときに呼ばれることが多いです。不調だというパソコンの症状を確認すると、InternetExplorerやGoogle Chromeのブラウザを立ち上げるとホーム画面に「Babylon」という見慣れない検索サイトが表示されます。

Babylon Search

なんとなくGoogleに似ているけど、検索窓の上にGoogleロゴがないし、右上に「babylon」のロゴマークが表示されているのが見分けポイントです。検索窓の下部に「PCのパフォーマンスが低下しています」というWARNING広告が表示されることもあります。

ゴミソフトを呼びこむ「迷惑ソフト」

調べてみると「Babylon(バビロン)」は、「スパムソフト」や「迷惑ソフト」と呼ばれるモノでした。

インターネットで公開・配布されているソフトをインストールするとき、書いてある文章を読まずにクリックを繰り返していくと、「これもインストールしときますよ」的な画面を見逃して、気づかないうちにインストールされてしまうことがあります。※海外製フリーソフトのインストーラーに付属していることが多いようです。

フリーソフトをインストールするときは、ちゃんと表示をチェックしながらインストールしましょうね。一度インストールされると、「パフォーマンスの低下」や「ウィルス警告」などで恐怖を煽り、有料ソフトや別ソフトをインストールさせようとします。以下のソフトを見かけたら、被害が広がらないうちに除去ください。

 

迷惑ソフト(1):Babylon(バビロン) Search / Toolber

これが一番最初に目についたソフトでした。(元凶かどうかはわかりません)主な症状は、ブラウザのホーム画面や検索エンジンを勝手にBabylon Searchに変えてしまい、なかなか元に戻すことができません。とても手間がかかる困ったちゃんです。検索エンジンはどれでも大差ないという人の心理に漬け込み「パフォーマンスの低下」という恐怖をあおってきます。※ちゃんと削除しないと、ブラウザ右上の検索窓に、いつまでも残ってしまいます。

IE8 Babylon Searchが消えない 新しいタブがBabylon Searchになる場合の対処方法(バビロンサーチ 削除)

 

迷惑ソフト(2):Systweak RegClean Pro

Babylon(バビロン)を削除した後に気がついたのがコレです。しれっと、デスクトップにショートカットができてました(笑) アイコンがWindowsの4色フラッグに似ているので、Microsoftのソフトかと錯覚しますが、提供元はインドのまったく関係ないところみたいです。

「パソコン高速化・最適化」「無料スキャン」「原因不明のエラーを解決」「PCのパフォーマンスが低下しています」という感じのバナー広告がネット上にたくさん出稿されてますが、お試し感覚でうっかり導入してしまうと、尋常じゃない数の”エラー”を必ず検出し「損傷レベル」なる意味不明な尺度を示して驚かせ、これを解消したければ有償版を今すぐ買うよう迫ってくる悪徳商法的なゴミソフトです。

この「RegClean Pro」がBabylonを招き入れたかもしれません。

詐欺まがいで評判! RegClean Proアンインストール削除方法 【不安を煽って購入誘導】

迷惑ソフト(3):Advanced System Protector

RegClean Proと同じ会社が提供しているソフトで、スキャン後にありえない量の脅威を検出し、駆除したかったら『有償版を今すぐ買って!』という購入する気にさせるソフトです。これも見つけたらすぐアンインストールしましょう。

Advanced System Protector削除アンインストール方法 【迷惑ソフト】 

迷惑ソフト(4):ADL UNCOMPRESSOR

イスラエルの「ADLSoft」が提供してる圧縮ファイルの解凍ソフトのようですが、これもBabylonを招き入れるそうです。

圧縮/解凍ソフトは、日本製/海外製を問わず、評価の高いフリーソフトがたくさんあるんで、わざわざ得体の知れないソフトを使う必要はないと思います。評価の高いソフトは「窓の杜 – 圧縮・解凍」で探してみてください。

広告バナーで宣伝されてるADLSoft「ADL UNCOMPRESSOR」とは? – 無題な濃いログ – Yahoo!ブログ 

契約書の注意書きを読むようにインストール時の説明書きも要チェック

迷惑ソフトと思われる4つのソフトは完全にアンインストール、削除しましたが、他にも入っている可能性もあるかもしれません。

今回の教訓は「何かを導入するときは気軽にほいほい試さない」こと

パソコントはもちろん、スマートフォンやFacebookのアプリもしかり。インターネットで調べれば、安心できるソフトかはすぐ分かります。家を賃貸契約するとき、ちゃんと契約書を読みますよね。ソフトのインストールも、自分に不利な条件がないかどうかを確認するようにすることが必要ということですね。

迷惑ソフトのチェックだけでなく日頃のメンテナンスを

迷惑ソフトの除去を行ったついでに、パソコンの中身をチェックしてみたら、不要ファイルが山のようにでてきた!デフラグもまったく実行されておらず、画面が真っ赤~(怒) 共用で使っているパソコンだと、メンテナンスが滞ってしまいがちなんですよね~^^。

デフラグするならこちらのフリーソフトを(笑)

 

  
Pocket

 
About 召田 安宏 763 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?