復興支援になる年賀状「元気だ状」

Pocket

2011年も残すところ、あとわずか。
毎年恒例の「今年を表す漢字」は『』でしたね。

今年の漢字は、財団法人日本漢字能力検定協会が毎年全国公募して、一番票が多かったものになります。例年、11月1日ごろから一般公募が始まり、同年12月12日前後に清水寺で発表されます。東日本大震災などの災害により、家族や友人との絆、助け合う人同士の絆など、多くの人が絆の大切さを実感した年でした。また、サッカー女子W杯で優勝した「なでしこジャパン」の絆の強さも理由となりました。(出所:今年の漢字(2011年までの一覧):漢字辞典ネット

一般公募で、最も多く投票された漢字が「今年を表す漢字」に選ばれるんですね。

個人的にも「絆」を強く感じた一年でした。
震災発生後、自分の無力を痛感。
でも、宮城県山元町のみなさんと出会うことで、
自分自身の気持ちをしっかり持つことができました。

『なにか力になりたい!』
そんな想いが強かったけど、実は、
助けられ、教えられて、元気をもらうことが多かった。

もらってばっかだな~(笑)
そんな一年だったけど、来年は恩返ししたい!っということで、
NHK「あさイチ」で紹介されてた『元気だ状』を送ってみよう。

元気だ状

元気だ状とは

一般的な新年の挨拶で使われる「年賀状」。
「謹賀新年!」とか「賀正!」、「Happy New Year」など、ある意味、「おめでとうオーラ」がすごいですよね。
でも。2011年は震災で多くの方が被害を受けられたので、そういう年賀状は出しにくい。っという意見も。

一方で、被災地に多くのボランティアがかけつけ、お互いの交流や親睦が深まった。
力になってくれた人にお礼を出したい、でも・・・。っという方のため、
元気だ状プロジェクトの収益は、被災された方へのハガキ配布に活用されます。

「元気だ状」はオンラインで注文可能

テレビで紹介されてからすぐに検索して、ウェブサイトから注文。
1セット5枚入りで500円。(+ヤマト運輸コレクト便全国一律315円+代引手数料315円=合計630円)
(値段は郵便局やお店で販売されているものと大差なく若干送料かかるくらい)

注文してからちょっと時間かかったけど、本日到着。
明けてみたら、なんとすぐにこれが見えました♪
R1014034.JPG※年賀状ではなく官製はがきバージョンが一枚サービス。Thank Youとは、粋だねぇ~
様々なデザイナーが協力したらしく、いろいろなデザインが一杯。
せっかくなので、6種類注文♪

元気だ状
2012年、新年のご挨拶は「元気だ状」で。

※後日追記:「元気だ状」サービスは終了してしまったようです。

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?