震災後に感じたこと

Pocket

もっと、地震対策しとこう・・・。
TS3E5069.JPG
※冷蔵庫の上、くぼんでいるんだけど。左下はベッドの頭側っす。
さまざまな方面で、震災に対するムーブメント、
支援、アクション、自分にできることなどが行われていますね。
あれから三週間。
今日、4月2日に菅さんが被災地を訪問されたそうですが、
一口に被災地と言ってもさまざまなようです。
家や仕事を失った家族、
学校に通えない子ども、
中には家族、親を失った子どもたちも、大勢。
(現地を見て来られた方から聞きました。)
日常生活もままならない状態で、
遊んだり、学んだり、笑うことさえできない人がいる。
そんなあたりまえを奪われている人がいる。
そう考えると、自分には何ができるのか。不安になる。
TS3E5068.JPG
だからといって、大きなことはできない。
被災地に行ってボランティアとして参加しても、
現地で自分にできることがあるのか。
デマを流すわけにはいかない、
不安をあおってもダメ。
だからといって何もしないのもダメ。
「いま、わたしたちできること
 みんなでやれば大きな力に」 By AC
さらに付け加えてもらいたい。
「いまだけでなく、これからもずっと。」

Pocket

 
About 召田 安宏 763 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?