Outlook Express からMozila Thunderbird に乗り換え

2006/01/07

メール イメージ画像

最近、メーラーを「Outlock Express」から「Mozila Thunderbird」に乗り換えました。

メーラーの用途

昨年末に開催したクリスマスイベントの参加者に、アンケート依頼をメールでお願いしたり、スタッフや事務局と報告書のやりとりを個別に行ったり、あけおめメールの確認、就活サイトから届くメール、ホームページ関連、広告メールなど、いろいろなメールを整理するのに役立っています。

Outlook Expressは、Windowsに標準で搭載されているメーラーです。多くのパソコンに搭載され、普及度が高いため、同時に攻撃対象になりやすいという面もあります。ソフトのセキュリティが脆弱な部分を狙われる懸念もあるそうです。

Outlook Expressから乗り換えた理由

私の場合、ソフトとしての信頼度を考慮したのは表向きの理由で、実は「アイコンがカッコいい」という理由で乗り換えました(笑)

Thunderbirdで、差出人や特定の件名が入ったメール(メーリングリスト)などを、フォルダ毎に振り分けるように設定しています。

多い日は、30通以上のメールを受信しているため、確認時間は少しでも減らしたい。メールの中身をチェックして、必要なメールには返信、別途連絡が必要な人には電話、携帯でメールをしたり、その後も何かと手間が発生します。

メールの自動振り分け機能を活用して、少しでもメールチェックの負担を解消できると嬉しいですね。