優先順位

「社会人として、仕事には優先順位をつけて取り組みなさい」
っ的な教えをプータロー時代に受けたな〜。
そのときは、「担当者不在の案件」とか「打ち上げの出欠返事」、「上司に頼まれたコピー」など、ごく普通な項目が五つほど並び、優先順位をつけるというアクティビティをやりました。
まぁ、適切な順位をつけれましたが、これはプラクティス!
本当の仕事は戦争だ!10の作業が同時平行は当たり前。刻一刻と状況は変化し、死角から新たな仕事が飛びこんでくる。
期限が決まっているモノからやっても、すぐに別の締切がやってくる。
いつの間にかメールの返事が滞り、重要な申し込みが期日を過ぎていたり…。
対応に終われ、ますます苦しくなって…
これ!悪循環!
流れを変えるには「意識」じゃなくて「環境」を変えるんだ!
頭のメモリはすぐに増設できないけど、物理的なメモリ(デスクという作業場)は整理できるはず!
…。
どこから整理してよいかわからず、フリーズ!