年齢不詳

NGO業界は、とにかく年齢不詳だ。
先日、「NGOまつりin上野2008」というイベントが終了。
国際協力NGOが10団体集まり、それぞれ活動紹介を行ったり、
独自の企画・展示を行う、一種のお祭り的イベントです。
NGOスタッフ1年生ということで(?)、
そのイベントの運営委員をさせていただきましたが、
他団体の運営委員は、ほぼインターン
「インターンって?」
研修生・実習生の意味。
インターンシップという言葉は、短期間の業務を体験することにより、
自分の将来に関連のある就業体験を行える制度のこと。
うちの団体のインターンは、大学生であったり、大学院生であったり。
そんなわけで、いつも大学生的なノリで楽しくミーティングやらせてもらったり、
当日も仲良く、本日も反省会後に
「打ち上げ行こぅ!」的な流れになりましたww


そしたら、みんな、頼むは頼むは。
次から次へと料理が運ばれてきて、テーブルの乗車率120%超(笑)。
料理におしゃべりに夢中でww
ニックネームつけあったり、昔のあだ名をネタに盛り上がったり。
いつしか、名前よりも「年齢」にスポットライトが当たりました。
イベントの準備に、お互いの年齢なんて対した影響もないので、
スルーでしたが、ふと我に返ると・・・・。
「えっ!?大学生じゃないの!!」
「予想以上に、若く見えるんですけど!!」
などなど。衝撃の事実が次々と発覚。
NGOの女性は、年齢以上に若く見えるのはなぜだ!?
やりたいことやってるから、エネルギッシュで、若々しいのか!?
正直、みんなインターンだから、大学生=後輩。
っと思っていたら・・・。打ち上げ参加メンバーの中で二番目に若いという大発見。。。
わたし、いちおうスタッフなんですけど・・・・。
なんだかんだ、
「意外と若いよね」
などと言われていましたが、年齢を公表すると
「え〜っ!? (◎o◎)!」
ワイドショーのオーディエンスのような、ナイスなリアクション。
そんなに老けてるか!? そんなにオッサンか!? (ToT)
それぞれ、この業界に至るまで、
様々な経験の持ち主がたくさん。
家業がハム屋(精肉店とは違うらしい)で、
以前勤めていた会社をやめ、家事手伝い+インターンをしながら国際保健の道を進んでいたり。
仕事をしながら、週一日インターン。
「自分はなかなかできないから」と、周りからのサポートを受けつつ、
国際協力の仕事も職場からも公認されて実践されている方も。
このNGO業界。
狭いようだけど、深くさまざまな複線が絡み合っている。
どの人も、独特の味、感性の持ち主。
こんな業界に、この年齢で入ることができ、
同時にもまれることができ、本当に幸せだ。
今の自分に、感謝。
ただ、予想以上に年上に見られていて、正直ショック。