千葉で「てんとう虫」を「店頭」販売

Pocket

久しぶりに、普通の時間(※午後8時)に
家で夕食をとることができました(笑)
先週土曜日に引き続き、
NTT労働組合 児童労働撲滅キャンペーン in 千葉」に参加してきました。
3月28日は、JR「検見川浜」駅前ひろばで開催しましたが、屋外で。
4月4日はJR「千葉」駅に隣接したデパートの中でした。
==============================
千葉駅前の人たちを、デパート内の会場へ呼び込むため、
駅前では、クマ(?)のきぐるみを着た人がちらしを配ったり、
マイクを使ったパフォーマンスが行われていました。
そこで、各団体の代表者がマイクを使って活動内容を紹介するんですが・・・。
世間の冷たさといったら・・・・ガクガクブルブル。
検見川浜駅は、ブースがたくさんあって、立ち止まって聞いてくれる人がいたけど、
千葉駅前は、ブースも少なくいまいち、何のイベントかわかりません。
通行人の「はぁ?なにやってんだ?」 っ的な視線が痛かったww
台があるわけでもなく、あるのはスピーカーのみ。
普通にテント横、どこからどう見てもステージに見えません。
NTT労組のお二人が、懸命にマイクパフォーマンスをしているところに、自分登場。
==============================
司会A「じゃ、15分くらいお願いします。」 ※立ち去ろうとする司会2人。
めすだ『(やばい、15分持たせろなんて。。。不可能だ。)』
司会者から15分を丸投げされそうなところを、
『合いの手を入れてください』っと、頼み込んで3人でマイクパフォーマンスすることに。
めすだ『千葉駅前をご通行のみなさま〜(笑)』 ※街頭演説かよ!
司会B「ACEさんは、どんな活動をされているんですか?」 ※すげぇ〜漠然とした質問!
めすだ『世界には2億1800万人、世界の子どもの7人1人が働いているといわれています』
司会A/B「7人に1人!?」 ※司会2名が声をそろえて素晴らしいリアクション
冷たい視線は感じられるが、手ごたえは感じられず。
なんとかせねば! 今こそ出番だ、「てんとう虫チョコ」!
めすだ『たとえば、チョコレート。原料のカカオを作っている西アフリカでは〜』
何人かが、こちらを振り向いてくれた! よし!
司会A「このチョコレート、通販、インターネットとかで注文できるんですか?」
めすだ『はい、そうです。ただ本日は、「てんとう虫チョコ」は○○で販売しています。』
司会A「へぇ〜そりゃいいですね!“てんとう”虫を“店頭”販売しているんですね!」
めすだ『・・・・・・・・・・・・・・・(沈黙)』
司会B「“てんとう”虫を“店頭”販売ですね!」
めすだ『・・・・。っは、はい!そ、そうですね(汗)』
販売はあちらの建物です、っと紹介することだけはできたので、
最低限の責務は果たせたでしょうか。
==============================
3/28は、各団体の代表者だけでなく、街頭演説のプロである議員、
地元選出の民主党 衆議院議員 たじま要 氏も演説されました。
よく通る声。整理された論点。ロジックの筋道が通った内容。
訴求ポイントの強調だけでなく、自身の体験と細かな数字の事前勉強など、まさにプロでした!
選挙区内に、駅が20ヶ所ぐらいあるらしく、
毎朝、各駅前で演説をされているそうです。すごいですね!
契約内容に「駅前での漫才(!?)」という業務は明記されていないが、
自分も「しゃべり」のスキルアップをせねばなりませんね。
今回、ボケに突っ込まなかったけど、突っ込むべきだった?

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?