寿命かな・・・

Pocket

朝から親父が騒いでたので、目が覚めた。
「おい、ジロー。テレビがつかないぞ。」
※我が家では、本名ではなく「ジロー」と呼ばれています。
 ちなみに兄は「タロー」です。
 いわゆる「南極物語」に登場する樺太犬『タロー、ジロー』が由来。
2000年製7-12月製造。
いまどき珍しい箱の形をしたテレビだ。
斜め45度からチョップを食らわせば直りそうな気もしたが、
うむ、どうやら壊れたようだ。
毎朝、ボォ〜っとテレビを眺めながら寝ぼけた頭を起こしていただが、
突然見るものがなくなった。
することがないので、すばやく朝食をすまし、
歯を磨き、着替えて、いつもより30分も早く出かける準備が完了。
朝って、意外と時間あるもんだ。
そういえば、松山(愛媛県)で暮らしていたときも、
半年間テレビなかったっけ。
なければないで、それほど不自由はしないが、
あればあるで、ついつい目がいってしまう。
一日数分、数時間。
それが一年間蓄積していったら、結構な時間だな。
(もちろん有益な時間であればよいのだが)
2時間ドラマが大好きな母には少し酷かと思いきや。
ワンセグケータイでガッツリ乗り切っていました。

Pocket

 
About 召田 安宏 763 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?