あっ?なめんなよコラァ!(゚д゚)

Pocket

「珍しい名前だね」
『(悪かったね)よく言われます』⇒由来を説明→「ホントに?」っと疑われる

「お父さんのお仕事は?」
『(あっ?なめてんのかテメェは?)ハイ?』⇒一応答えるが→「ふ〜ん」

「現在の就職活動はどう?」
『(どうって・・・。どう答えればいいんだよ)え〜っと』⇒適度に流す

「うち会社はどう思う?」
『(どうって、点数つけたら3点だよ)そうですね・・・』⇒悪口

「じゃぁ、うちじゃなくてもいいですね」
『(むしろ行きたくねぇよ)ハイ』


こんな面接やってきました、往復1080円かけて・・・。200%落ちたな、むしろ二度と行きたくねぇや。

一次面接は面白いグループディスカッションで面白かったんですが、面接を申し込んだあと小売業に関心がなくなってしまい、仕方なく嫌々この会社の面接にいってきました。

説明会と社内、社員の雰囲気。どれをとっても封鎖的。

自社作成の新入社員の決意表明PVを見せてもらったが、
「絶対コレ、カンペ読まされているヤラセだろ」ってくらいスラスラ〜。

待合室にかけられた社訓には、
「お客様は神聖な存在」って、おぃおぃ。

社内報を見せてくれたが、
「人事異動なんて誰が見るの?」って感じ。

面接官も↑の有様。「兄弟はいますか?」こんなこと聞いて選考と何か関係あるのかよ。一つ一つの言動が挑発的に聞こえ、こちらも舐められまいと言い返して・・・。

「はい、本日の面接は以上です。ありがとうございました」
『はい!ありがとうございました(もう二度とあいたくねぇよ)』

あ〜ぁ。貴重な時間をくだらないことで無駄にしてしまった。

二度と来るか!っとその会社をあとにしようとしたそのときだった。

「・・・。閉じ込められた!?」

自動ドアが開かない!まさか、危険分子であるオレを消そうって魂胆か!太平洋にセメント詰めなんて今時はやらねぇぞ!

ドアの隙間に手を入れ、強引に開こうと試みたが、ビクともしない。まさか・・・マジで?

本当に悪口ばかり言ったオレを消すために閉じ込めたのか!?

そんなはずはないだろ・・・。冷静に一度来た道を数歩戻ってから再びドアへ向きなおしてみた。

「うぃ〜〜ん」

『ガ━(;゚д゚)━ン!! っか、観音開き!!??』

普通自動ドアって左右へ水平に開くだろ!なぜに自動ドアで観音開き!?ってか入るとき気づけよ!

言われてみると、入るときは進行方向の方へドアが開いたな・・・。でも、内側から外へ出ようとすると内側に開いたドアにぶつかるでしょ・・・。

いづれにせよ、会社もドアもいけすかねぇ!!

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?