服装は自由?日経就職サクセスセミナー

Pocket

大学で講義を受けた後、夕方『日経就職サクセスセミナー』に参加してきました。

就職活動をはじめる前に、社会人としての心得を学べるセミナーでした。

就職活動「服装は自由?」

登録した就活サイトの一つ「日経ナビ」からお知らせメールが届き、参加費無料!特典付き!そして会場が近所!ということで、メールで申し込みました。セミナーへの参加特典は、日経新聞一週間分の試読と「わかる日経」と「日経就職サクセスBOOK」という本です。

就職セミナーの「服装は自由」には気をつけて

セミナー案内には「服装:スーツでなくてもかまわない」と記載されていましたが、当日、セミナー会場に集まった参加者の約半数はスーツを着用していました。

「服装自由」という言葉、とても難しいですね。セミナー自体は「スーツ着用」が必須事項ではありませんが、参加者の大半がスーツを着用していると「え?スーツじゃないの?」と周りからの視線が痛いですね。私は、襟付きシャツにチノパンという若干カジュアルなスタイルで参加してしまいました。。。でも、ジーンズにラフなジャケットで参加した人より、いくらかは視線が優しかったように感じました(汗)

セミナー内容は「就職活動には日経新聞!」

セミナーは、企業説明会ではないため、全体的にフランクな内容でした。就職活動を始めた初期は、就職活動に慣れるという意味で、セミナーにたくさん出るのも良いかと思います。(※毎回、同じようなことを聞くこともありけど、「それだけ大切なことなんだ」と前向きに解釈するのがよいかと)

ちなみに、セミナーの内容はこんな感じです。

第一部 「就活に役立つ!日経活用の極意」 
        日経読み方MASTER 山野 茂樹
第二部 「本音で攻める就職活動〜絶対内定の真髄〜」
        絶対に譲れないものを手にするために
        我究館館長  坂本 章紀氏

司会は今年入社したばかりの新入社員だそうですが、流石は一流企業。流暢な言い回しにテンポのいい進行。できる人は違いますね。第一部の講師も「日経読み方マスター」と名乗るだけあって、日経新聞に関する情報をたくさん聞けました。第二部の講師・坂本さんは数年前まで就職活動をされていたこともあり、就活生に近いスタンスで講演してくださいました。

今回のセミナーで印象に残ったことは、

『どれだけ消費者から逸脱し、ビジネスの視点を持つかが重要』
『話の中身にどれだけリアリティーがあるか、どれだけ生き生きしているか』
『自分の軸=コア(自分らしさ)を伝える』
『ありきたりの自己PRよりも、しゃべる本人が生き生きしているかが大切』
『自分がHappy!だと思える瞬間、そのための行動をおろそかにしない』などなど。

何よりも、「服装は自由」は言葉通りの意味だけど、自分が一番落ち着く服装で臨むことが大切だということを学んだ一日でした。

セミナー会場は、豪華なホテルの一間で、凄然とならんだ学生の中にいると、自然とやる気がわいてきますね。

よし!就職活動、がんばるぞ!

Pocket

 
About 召田 安宏 764 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?