スマトラ沖地震「お金は十分です」国境なき医師団

Pocket

スマトラ沖地震に関する情報を集めていたら「お金は十分にあるので募金はもう結構です……国境なき医師団」(Excite エキサイト : ニュース)という記事を見つけました。その意図はどこにあるんでしょうか?

連日、テレビで「オーストラリアがいくら、日本がいくら、北朝鮮がいくら」などのニュースが流れています。F1ドライバーのM・シューマッハが10億円を、韓国の俳優ペ・ヨンジュンが3000万円を寄付したという話も聞きました。

今、寄付は十分に集まっていて、実際に現地で支援に必要な金額を超えているのかもしれません。そもそも、今、必要な援助は寄付だけではないのかもしれません。

日本からは、地震や津波の研究者が現地に入って調査しているようです。大きな災害に対する知識面の支援や、災害者の救助や仮設住宅の整備など、さまざまな知識や支援の担い手が必要なのではないでしょうか。

いま、必要とされているのはお金以外の支援や協力だというメッセージなのかもしれません。

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?