NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン設立記念パーティー

2004/12/25

12月25日、クリスマス。クリスマスパーティーが催されました。主催はFTCJ。今年11月にNPO法人を取得した記念パーティーです。早稲田奉仕園という教会の小ホールで80人近い人が参加してくれました。そのパーティに当日ボランティアとして参加、お手伝いをさせていただきました。


FTCJのイベント実行班はタダモノではない!11月からすでにスタッフは動き出していました。パーティー用に一つメーリングリストを作成、がんがんメールが飛び交います。11月で72通。12月に入ってからは272通。ありえん!

メーリングリストはチャットの如く、ひっきりなしにメールが届きます。メーリングリストで議論しているんですよ・・。すげぇ。

自分もYahooのメールアドレスを登録してもらいました。いやぁ〜、携帯の人、すごいことになってるんだろうな〜。

事前の準備にはまったく関われませんでしたが、当日会場設営班に編入されました。20分間で会場内をセッティング。イスをどかしたり、テーブル並べたり、ピアノを持ち上げたり?要は力仕事、肉体労働です。

FTCJの男女比は女性のほうが圧倒的に多いです。いつものは肩身が狭いのですが、こういった場では男が重宝されます。特にFTC拓殖は男メンバーのほうが多いので、いろいろと駆り出されます・・・。いいことなのか、よくないことなのか・・・。

何はともあれ、FTCJのイベントは全員がフル稼働。あちこち走り回って、あれやってこれやって・・・。今回のイベント企画の中心は18歳以下、すなわち「子ども」たちです。日本全国からメンバーが駆けつけて全員でパーティーを作り上げました。子どもが行動することがFTCJの理念ですから。

もちろん、子どもを卒業した?我々大学生や子どもたちを支える家族のかたをはじめとした大人メンバーも関わっています。ほんと、スタッフのほうが参加者よりも多いんじゃないかってぐらい(^^)そこまではいかないか。

スタッフが多いと結構弊害もあって・・・。今回はいろいろなところから食器やら物品を借りました。それらを返却するとき、いろんな情報?が錯綜して混乱が巻き起こったり、撤収の際荷物が紛失?するなど結構ミスも。

パーティーが始まるまではホント修羅場でした。台所は料理班が入り乱れ、つまみ食いしようなんて気、まったくおきません!怖いです!会場設営班も施設から物品を借りたり、手続きやらで走り回ってました。いざ、搬入の時間になると時間との戦い。料理を運んだり、イスをどかしたり、物品を取りにいったり・・・。なんべんも往復。

その甲斐あって、無事?にパーティーをはじめられました。満員御礼!いろりおな団体からお客さまがいらっしゃって、活発な交流が行われました。その中、ビデオ撮影係となってしまいほとんど話しもできないし、料理も食べれなかった・・・残念!

パーティーはFTCJの活動紹介や児童労働の現状を伝える劇など企画盛りだくさん。そんな企画の一つを我らがFTC拓殖が受け持つことになりました。ラストのクリスマスサプライズサンタクロースくじ引きプレゼントタイム?かな。ようはいきなりサンタが登場してくじ引きをしてプレゼントをあげるという企画です。プログラムのデザインは我が相方「みねじ」が担当。期待通りすべってくれました(^^)

10分の予定が20分くらいかかって・・。まぁ、しょうがない。二日前にいきなりプランニングしだすんだもん。当日に役割が割り振られ、自分はサンタの愉快な仲間「サル」となりました。お尻が赤いサルの着ぐるみをきて、ひげメガネを装着、場を盛り上げる変な役となりました。まぁ、おもしろかったけどね・・・。たいへんだった。

そんなこんなでどたばたな感じでパーティが終わりました。終わってからも戦いは続きました。会場は地下で車椅子の人が3人ほど。うち一人は電動車椅子で150kg越え!男5人で運びましたよ。かなり重い・・。

料理が大分あまってしまい、急遽もって帰ることに・・。拓殖メンバー全員でポテトサラダ10人ぶんくらいをラップでくるんで持ってかえるハメに・・。とほほ(ToT)現在朝昼晩、ポテトサラダ生活です。

こんな感じのパーティーでした。課題も多かったけど、実り多い一日だったと思います。来年もやるとかいってたし、また力仕事でも手伝いますかね。でも、ポテトサラダはもうもって帰らないからね!!