派遣アルバイト「デパート清掃(夜勤)」編

Pocket

めっちゃ眠いです。

この記事は夜勤明けの日に書いています。作業中は全然眠気はなかったのに今、すごく眠いです。

午後8時から午前3時まで鶴見のデパート?のワックスがけ作業をしていました。

夜勤のデパート清掃 in 鶴見

今回は父が紹介してくれた仕事です。父の同業者である清掃業者の親方と中国人2名のお仕事を手伝うのが私の仕事です。作業内容はワックスがけ。まず清掃作業でよく見かける回転ブラシのようなもので磨きます。その後、汚れた水をかき集めバケツに捨てる。そしてモップがけ。きれいになったところでワックスをかけ乾燥させて終わり。

内容的にこんな感じですが、結構つらいです。よく人が出入りするフロアは念入りに作業が行われ、ワックスを丹念に落とします。そのワックスを落とす液が良く滑ること・・・。スケートリンク以上に滑ります。よく滑る液がぶちまけられた床の隅をたわしで丹念に磨きワックスを落とします。アシスタント+雑用係の私は、バケツに水を汲んで何度も往復するのが主な仕事です

9月とはいえ、まだ蒸し暑く、夜間のデパートは冷房も入っていないのでかなり汗をかきました。

夜勤のアルバイト

街は、夜も働いているんですね。私たちの隣のフロアでは、別の清掃業者が作業をしています。24時間だれかが仕事している。「眠らない街」とはよく聞きますが、街は本当に眠らないんですね。作業終了後、親方が豚丼をおごってくれました。車で送ってもらう道中、窓の外に目をやると、横浜の街全体がイルミネーションのように見えました。それは眠気も吹き飛ぶほどの。

午前4時ごろには始発が動き始めるので、水道橋駅で降ろしてもらい、今日の仕事はここで終了。乗客の少ない電車の中で爆睡、ふと目を覚ますと目の前は朝焼け。太陽の光が夜明けの街に生気を注ぎ込み、一日の始まりを感じさせます。ですが、私の一日は終わったばかり。Zzzz~

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?