世界の「貧しい」を半分に。MDGs2015キャンペーン

約10日ぶりのブログ投稿です。
ご無沙汰しております、メッスィ〜です。
6月12日の「児童労働反対世界デー」当日のイベントと、
ワールドカップ観戦などで、なかなか時間が取れなくて(笑)
今日は、Twitterと連動させた「世界の「貧しい」を半分に。MDGs2015キャンペーン」をご紹介します。
世界のリーダーたちが、2015年までに世界の貧困を半減するために掲げた8つの目標、
MDGs(ミレニアム開発目標)』をもっと身近に、そして
ひとりひとりが目標に取り組むための参加方法を提案するキャンペーンです。

mdgs_logo_banner.jpg

世界の「貧しい」を半分に。
2000年に国連のサミットで、国の代表たちが決めた目標なので、
なかなか身近に感じるのが難しいかもしれません。
ですが、ひとつひとつの目標が掲げているモノって、
至極「あたりまえのこと」なんですよね。
たとえば、ゴール3「ジェンダーの平等を進めよう」。
ジェンダーって言葉を聞くと、難しい気もしますが、
「男女平等にがんばろう!」ってことですよね。
ゴール2「初等教育をうけられるようにしよう」は、
日本人なら誰もが、小学校に通い、
遊んで、給食食べて、昼寝して(笑)、ちょっとだけ勉強しましたよね。
それを「生まれたところが違うから」っという理由で
学校に行けないのをなくそうってだけ。

twitterを活用したキャンペーンサイトでは、目標達成に向けた様々な「思い」を大募集中です。世界中の人々が笑顔で暮らしつづけることができる未来のために、ぜひあなたの「思い」を投稿してください。「思い」が増えれば増えるほど、MDGsを達成しようという「思い」がつながり、世界中に届いていきます。引用:MDGsを達成しよう!|NGOを支援するNGO 国際協力NGOセンター(JANIC)

『これは○○の責任だ』『誰かがやればいい』
そんなことは、誰でも言える。でも、言っても何も変わらない。
だったら、ちょっとでも変わるように。
ちょっとだけ「オモイ」をカタチにしてみても、いいんじゃないでしょうか?

WS0027.jpg

※ACEも、世界の「貧しい」を半分に。MDGs2015キャンペーンに参加しています。
6月7日の公開オープニングイベントの様子は、ネット上で視聴もできます♪
>> [SBTV Live] 世界の「貧しい」を半分に。 MDGs2015キャンペーン