JustGiving|「チャレンジ」を応援して「チャリティ」に

『自分にできる寄付はわずかかもしれないけど・・・。
 なにか、わたしにもできる形で協力がしたい!』
そんな想いをカタチにするチャリティプログラムが登場しました。
それは、“Just Giving(ジャストギビング)”
チャレンジャーが「○○をします!」という目標を立て、
それに共感した人がチャレンジに寄付をすることによって、
集まった寄付が目標設定者の指定した団体に寄付をされるという仕組み。
自分の目標(夢)を達成するとともに、
寄付を集めて社会貢献もできるシステムです。
イギリスで発祥し、著名人や市民の間で広まった「JustGiving」のサービスを、
日本版として、サービスがスタートしています。

イギリスではハリーポッター役のダニエル・ラドクリフくんや、F1王者のジェンソン・バトンさんも参加しているらしい。ハイチでの地震に心を痛めた7歳の男の子が一周8kmの公園を自転車で走りながら寄付を集めたら、あっという間に3000万円に達したというニュースも。引用:「JustGiving Japan」、すごいことになってます。|ソーシャル・コミュニケーション

日本でも数々の著名人が参加しています。
元「ヤクルトスワローズ」プロ野球選手の古田敦也さん。
「レバレッジ」シリーズのベストセラー作家、本田直之さん。
昨年、ACEが行ったチャリティオークションにご協力いただいたモデルのSHIHOさん。
※参照:第6回ACEチャリティフットサル大会|Yahoo!チャリティーオークション
そのほか、有森裕子さん、金哲彦さん、新妻聖子さん、長塚智広さんなどなど、
さまざまな著名人が「チャレンジ」を登録し、「寄付」を集めています。

Just Giving Japan

具体的には、2種類の参加方法があります。
■寄付を集める人=チャレンジャーになる
 (1)無料の会員登録をします
 (2)支援先団体(NPO等)を選びます
 (3)チャレンジ内容・目標金額を決めて、チャレンジページを作成します
 (4)友人・知人にメールやtwitterで応援してね、と宣伝します
■寄付をする人=サポーターになる
 (1)無料の会員登録をします
 (2)応援したいチャレンジャーを選びます
 (3)クレジットカードで寄付ができます。
マラソン大会で5時間完走する、5kgダイエットする、結婚する、etc…
チャレンジは普段の生活の延長線でかまいません。
友人・知人と楽しんで社会貢献活動ができるサービスです。
そんな新しいチャリティプロジェクト、
“Just Giving Japan”に、支援先団体の一つとしてACEも掲載されています。
ACEへの支援チャレンジページ ⇒ ACE – JustGivingJapan
2010年4月24日現在、4人の方が「チャレンジ」で応援してくださっています・
* 近くのこどもも、遠くのこどもも。
* 体脂肪率−5%ダイエットで未来の可能性を支援!
* 京都から世界へ!ゴミ拾いを通して地球の未来を考える
* 富士山とつくばマラソンに一人でチャレンジ
中でも、「体脂肪率−5%ダイエットで未来の可能性を支援!」には、
古田さんが応援してくださっています!

古田敦也さん 2010-03-31 07:05:51
5%は大変だ。無理せず頑張って!
このチャレンジに3,000円寄付します!

ACEのことを応援しているチャレンジを
古田さんが応援してくれるってことは、
ACEの活動を古田さんが応援してくれているってこと!?
体脂肪率−5%、恐るべし・・・!
「チャレンジ」でも、「サポート」でも、皆さまのご参加、お待ちしてます!!