6ヶ月限定のNGOのつもりではじめました

Pocket

CANPAN News」という、
市民活動や社会貢献活動を紹介するウェブサイトにACEが登場!

CANPAN News

「社会のために何かしたい、活動に参加してみたい」
「直接活動には参加できないけれど、自分なりにできる方法で活動を応援したい」
社会との関わりかたは人それぞれです。
このサイトは
これからの社会に向けて風を送っている人たちにスポットをあて、
「社会のために生きること」をわかりやすく紹介し、
「いま」を浮き彫りにする 
人と人をつなげる WEBマガジンです。(同ホームページより)

そんなサイトに、ACEのこれまでの経緯や
いま、なぜ「コットン」と「カカオ」の産業に取り組んでいるのか、
児童労働をなくすために、何ができるのかを、うちの事務局長が語ってます。
ちなみにACEは、インドとガーナで、活動しています。
「なんでインドとガーナかって?」
それは、子どもの7割、約1億2200万人と、
世界でもっとも児童労働者が多いと言われ、
その中でも、もっとも児童労働が多いと言われる、インドだから。
そして、子どもの3人に1人が児童労働者と言われる
サハラ砂漠より南に位置するアフリカ諸国の一つ、ガーナだから。
そのどちらの国も、聞き覚えのある国ですよね?
「児童労働」と聞くと、ストリートチルドレンや児童買春、
工場での低賃金労働というイメージをもたれがち。
でも実は、児童労働の7割が農林水産業なんです。
メディアで取り上げられるのは、より大きな「驚き」を生む、
ショッキングな人身売買だったり児童買春だったりします。
でも、本当は、わたしたちの身の回りのモノが〜
っと、考えると、少しでも身近に、自分の事のように感じられる。
そういったスタンスで、ACEは活動しています。
ちなみに今、ミニストップの店頭に、
ACEへの寄付となる「募金箱」が設置されています!
20100317-IMG_1135.jpg
※2010年3月1日〜31日まで。全国12店舗のみ(※写真は名古屋のミニストップ)。
まだ、ペットボトルキャップ集めや、
盲導犬の支援、地震への緊急支援などに比べると、
認知度が高いとは言えない「児童労働」。
でも、当初「6ヶ月限定のNGOのつもり」だった活動が、
少しずつ大きくなりつつある。もっともっと、がんばるぞ!

Pocket

 
About 召田 安宏 763 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?