クレディ・スイスのゴールに糾弾

現在、「iGoogle」を「ブラウザ」の「ホームページ」に設定しています。
※ブラウザ
 インターネットに接続し、ホームページを閲覧するソフトのこと。
 インターネット閲覧ソフトと言われる。browse=拾い読みする、品物をぶらぶら見て歩く、という意味。
 代表的なモノに、「InternetExplorer」や「FireFox」、「Safari」などがある。
※ホームページ
 以前は、ブラウザ起動時に最初に表示されるページの意味だった。今は「スタートページ」と呼ぶのが一般的らしい。「○○のホームページを見てね」っと言うより、「○○のウェブサイトをご覧ください」っと言うほうが、カッコいいと思うのはボクだけ?
超!脱線しましたが、「iGoogle」のガジェット、
Google ニュース – カスタマイズ』を使って情報収集をしています。
このガジェットは入力したキーワードに関するGoogleのニュースを、
定期的に表示してくれます。
あまりメジャーなキーワードだとドンドン頻繁に更新されてしまうので、
「児童労働」っというマイナーなキーワード(笑)を入力して活用しています。
そこで見つけたニュースをご紹介♪

スイス第2の大手銀行、クレディ・スイスがスイスの子どもたちに無料で配ったサッカーボールは、国際的に労働を認められていないパキスタンの児童が作っていたことが報道された。

企業の社会的責任やEURO2008に関心のある、注目です♪
クレディ・スイスのゴールに糾弾』へ