児童労働反対世界デー2007

今日は6月12日、児童労働反対世界デー(World Day against Child Labour)です。
2002年に国際労働機関(ILO)が最悪の形態の児童労働の撤廃を呼びかけるために定めました。毎年世界各地で様々な活動が展開されています。
日本では毎年、東京・大阪で『児童労働反対世界デー・ウォーク』が開催されています。
DSCF0050.jpg
【2005年の様子(左)】
児童労働反対世界デーキャンペーンサイト
東京は、青山通り⇒表参道⇒渋谷を。
大阪は、中之島公園⇒御堂筋⇒難波を練り歩きます。


ボクは2005年、2006年のウォークに参加しました。
警官に先導され、渋谷の街を数百人が練り歩く。
道行く誰もが振り返るが、
「なんの集会だ?耳障りだな・・・」
ぐらいにしか思わってないんじゃないのか?
事実、行進から一歩離れ、道行く人にポストカードを配っていたが、受け取ってくれる人はきわめて少ない。
10人の手元に差し出して、受け取ってくれるのは2〜3人。
欧米系の外国人は
Oh〜!Child Labour〜!!
などと、共感はしてくれる(実話です)。
ただ、それだけ。
愛の反対は無関心』By マザー・テレサ
無理やり「関心を持て!!」っと言っても持てるもんじゃない。
ただ、少しだけ、
「あれ?何やってるんだろう?」
っと、興味を持ってくれたら、それだけでいい。
そこから少しずつ輪が広がっていけば・・・それでいい。
少しでも、興味を持っていただけたら、
実際に足を運んでみて欲しい。その積み重ねが、大きな波になることを願って。
映画&トーク「児童労働,農業、貧困〜今アフリカでは」
今、仕事で高校一年生のお宅に伺っている。
日本では、学校に行くことがほぼ当然のようになっている。
だけど、他の国では学校に行くことを断念せざるを得ない子どもがいる。
そのことについて、少しだけ考えてもらえたら幸いです。
学校あきらめ違法労働 13歳、14歳、15歳