2008年の話題作を、もう一度(6/6)

Pocket

江口洋介宮崎あおい妻夫木聡
佐藤浩市鈴木砂羽
人気・実力ともに日本を代表する名優が挑んだ話題作。
彼らはこの映画にどんな思いを込めたのだろうか。
「最悪の形態」と呼ばれる児童労働と少女たちに焦点をあてた映画の
生みの親は、今、何を語るのか。
6/6(土)「児童労働反対世界デー・メインイベント」に、刮目せよ!

児童労働反対世界デー・イベント
─∞─∞───────────────────────────∞─∞─

■児童労働反対世界デー・イベント 最悪の児童労働と少女■
「闇の子供たち」上映会+シンポジウム
2009年6月6日(土)13:30〜18:30

─∞─∞───────────────────────────∞─∞─

6月12日は児童労働反対世界デー。世界で児童労働者は2億1800万人。
その中でも「最悪の形態」と呼ばれる児童労働と、少女たちに焦点をあてた
映画とトークのイベントです。ここでしか聞けない、映画「闇の子供たち」
を生んだプロデューサーのスペシャルトークも。今年はNGO活動紹介デスク・
物販もあり!「知って、考えて、行動する」を一度に出来るイベントです。
日 時:2009年6月6日(土) 13:30〜18:30 (13:00開場)
会 場:全電通労働会館ホール(東京都千代田区神田)
   東京メトロ 千代田線 新御茶の水駅(B3 出口)徒歩2分
参加費:前売り900円 当日1,000円(小学生以下無料・要申込)
定 員:400名
申 込:チケットぴあより前売り券をご購入ください(6月3日〆切)
     (ファミリーマート、サークルK、サンクスでも購入できます)
Pコード:555−226
【プログラム】 13:00〜開場 13:30〜開演
第1部 13:00〜16:00 映画「闇の子供たち」上映
第2部 16:20〜18:30
・スペシャルゲスト トーク
 映画「闇の子供たち」プロデューサー 椎井 友紀子氏
・シンポジウム
「最悪の形態の児童労働」条約発効 10周年記念
 〜最悪の形態の児童労働をなくすために、わたしたちにできること〜
・最悪の形態の児童労働と少女についての現状報告
   長谷川 真一 ILO駐日事務所代表
・パネルディスカッション
  パネリスト:
   斉藤 百合子  人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)運営委員
   百瀬 圭吾   CSECジャパンフォーラム実行委員長
   甲斐田 万智子 (特活)国際子ども権利センター代表理事
  モデレーター:
   森田 明彦   (社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
           シニア・アドバイザー(東京工業大学特任教授)
共催:ILO 駐日事務所NGO−労働組合国際協働フォーラム児童労働ネットワーク

─∞─∞───────────────────────────∞─∞─

前売り券は、お早めにご注文ください。
※チケットぴあで購入できます。
映画を見るだけなら、TUTAYAでレンタルもできます。
しかし、もやもやとした感情だけが、一人歩きするだけかもしれない。
この映画がどんな思いでつくられ、どんな世界を映し出しているのか。
それを世界中で児童労働に反対するこの時期に、みんなで考えてみませんか。

Pocket

 
About 召田 安宏 760 Articles
1984年生まれ。2008年より国際協力NGOの広報を担当しています。拓殖大学 国際開発学部を卒業後、一般企業を経て、NGOの世界に。世界の子どもを児童労働から守るNGO ACE(エース)を経て、2016年よりシャンティ国際ボランティアへ。広報・国内事業一筋。チョコっと世界をのぞいてみませんか?